この流行には乗りたくなかった – 乳がん発症

久々のブログ更新。2019年は新たなキーワードとして「乳がん」を追加せざるを得なくなってしまいました。国立がん研究センターのウェブサイトによると、2014年のデータで、新たに診断された癌で、女性1位は乳房なんだそう。この半世紀の人生、わりと流行には敏感な方だと自負していますが、この流行りだけには乗りたくなかったわ〜!笑

このキーワード「乳がん」は、あくまで私自身の備忘録として書き綴ろうと思っています。でも、乳がんに関して情報収集される方の中で、私のケースが一つの例として、もし何らかの形でお役に立てることがあるようでしたら、嬉しいですし、こんなケースもあるんだなって思っていただけるだけでも良いのかも?と思い、思い切ってブログに残すことにしました。

先週、左乳房の全摘手術とセンチネルリンパ節生検を終え、今日で術後9日目です。傷口自体に痛みはありませんが、脇の下や腕の裏側に時々、痺れを感じます。これまでの流れを簡単にまとめておこうと思います。

左胸に違和感を感じたのは、昨年2018年11月中旬だったと思います。でも振り返ると、8月下旬に某百貨店へブラを買いに行った日、フィッティングのため、試着室でお姉さんに触られた時、どことなく違った張り感があったようにも思うんですよね。でも生理前だったし、その張りぐらいに放置してしまった。その時に病院へ駆け込んでいたら、少しは変わったのかしら?? そんなことを今、考えても無駄なんですけどね。

乳腺外科の予約が取れたが、2018年12月10日でした。その日のうちに、エコーとマンモグラフィをやってもらいました。先生方の5段階ある評価(0は良性、5は悪性が確実なもの)のうち、外科医、エコー技師、マンモ技師、3名の見解が一致して「ランク4」、ほぼ悪性を疑うのが良いって診断でした。大きさが約2.7cmのしこりで、形がボコボコしてて悪すぎる、画像の右上に向かってねじれるように上がっているの。マンモの画像みても一目瞭然でした。

でも何を隠そう、当の本人が一番変化を感じているのは言うまでもないんですよね。数年前まであった良性の線維腺腫とはまったく違う!自分で胸を触った時、良性のものはコロコロ動く感じがあったけど、今回のこの子は、動くこともなくガツンとはびこって、その場所にベッタリ居座っている感じ。不幸中の幸いは、私の場合、最初にかゆみがあって、その後、痛んでくれたこと。この異変に気づけたのも痛みがあったから。この点が一番大きい。服が触っても、痛いっ!的な、まるで乳腺炎みたいな痛みがいつからか、ある程度の日数ありました。その都度、しこりが大きくなっているようにも感じたんです。でももちろん突如突然、大きくなった訳ではないはずです。がん細胞が分裂して大きくなるには10年ぐらいの月日はかかっているのが普通のようなので、もう何年も前から準備できていて、コトは進行していたはず。

その日に診ていただいた外科医は「さらに詳しく組織検査しましょうか?明日は乳腺専門の女医さんの診察日なので、予約入れますね」と。そして翌日、担当医となる女医さんと初めてお会いすることになるのでした。

 


Check this out!


 

 

error: Content is protected !!