芸事・学業・金運にご利益がある宝生弁財天 水天宮 | 日本橋七福神

水天宮の御朱印と弁財天の御朱印

水天宮

安産祈願の神社

日本橋人形町の茶ノ木神社から蛎殻町(かきがらちょう)の水天宮へは徒歩5分ほど。みなさんご存知。水天宮は安産・子授けの神社として有名ですね。関東では人気の一社です。2016年4月に新しい社殿が完成しました。

江戸時代、久留米藩の大名、有馬頼徳(よりのり)公が、参勤交代で江戸にいる時にも水天宮をお参りできるように、芝赤羽橋の上屋敷にご分霊をお祀りしたのが始まり。江戸庶民の信仰も篤く、お屋敷の塀越しにお賽銭を投げ入る人たちが絶えなかったことから、毎月5日には人々のお参りを許していたそう。そんな情深い有馬家に掛けて「なさけありまの水天宮」という洒落が江戸っ子たちの間で流行ったそう。現在の日本橋蛎殻町へ移転したのは明治時代に入ってから。

日本橋七福神・弁財天

また有馬家は代々、弁財天の信仰も篤く、お屋敷内には市杵島姫神もお祀りされていました。頼徳公が能楽の技を加賀藩主と競い合った際、弁財天に願を掛け、稽古に励んでいたところ、勝利を納めたのだそう。そんなことから宝生弁財天として親しまれ、芸事をはじめ、学業や金運にご利益があるとして、今なお人気を集めています。

日本橋七福神巡り

  • ご開帳 1/1〜1/7
  • 9:00 〜 17:00
  • 色紙 2,000円、宝船 1,500円、ご神像 各500円
  • 御朱印 各300円
  • 人形町商店街サイト

東京水天宮 すいてんぐう

茶ノ木神社 ← → 松島神社