新宿 稲荷鬼王神社の恵比寿神 | 新宿山ノ手七福神

新宿 稲荷鬼王神社

鬼王の名をもつ全国唯一の神社

稲荷鬼王神社へは、再び抜弁天通りへ出て、都営大江戸線の東新宿駅がある新宿七丁目交差を越して、職安通りを鬼王神社前交差点まで着たら左折、少し進んだ左手にある。

 

稲荷鬼王神社の起源は、古くから大久保村の氏神様であった稲荷社に、熊野から勧請された鬼王権現 (月夜見命・大物主命・天手力男命) を合祀して、稲荷鬼王神社になりました。

鬼の王って名前も珍しい!と思ったのですが、鬼は神様で力の象徴、すべての災いを祓う力があると古来より考えられているそうです。また鬼王の名がつく社寺は他にはなく、こちらのお宮のみで、「全国一社福授け」として古来から信仰されています。鬼の名をもつ神社として節分には「福は内、鬼は内」と唱えるそう。

また、鬼王権現は病気になった時には豆腐を奉納し、豆腐を断って治すという信仰が江戸時代から知られているそうです。境内には見所も多く、鳥居前の左手にある古い水鉢は、水鉢を頭上に掲げる鬼の彫刻が印象的、こちらは新宿区の有形文化財に指定されています。

 

 

稲荷鬼王神社・恵比寿神 - 新宿山ノ手七福神
稲荷鬼王神社・恵比寿神 – 新宿山ノ手七福神

新宿山ノ手七福神・恵比寿神

境内社の三島神社にお祀りされる事代主命が開運恵比寿と称される恵比寿様。参道を進んだ左手に恵比寿神社と書かれた鳥居があります。そちらをくぐると左側に手水石、右側にある石が「かえる石」と呼ばれ、このかえる石にお水をかけて、恵比寿様にお参りした後、再び石をさすると、金運や良縁がかえってくるそう。10月19日、20日には新宿えびす祭が行われ、べったら漬けの出店も出て賑わうそうです。

新宿山ノ手七福神

期間:通年
時間:9:00〜17:00
色紙 500円、宝船 1,000円、ご神像 各300円
御朱印 各300円
新宿山ノ手七福神めぐり

 

稲荷鬼王神社 恵比寿神御朱印 (左) | 厳嶋神社 辨財天御朱印 (右)
稲荷鬼王神社 恵比寿神御朱印 (左) | 厳嶋神社 辨財天御朱印 (右)

稲荷鬼王神社 いなりきおうじんじゃ

祭神:宇賀能御魂命・鬼王権現(月夜見命・大物主命・天手力男命) | 恵比寿
朱印料:¥300
東京都新宿区歌舞伎町2-17-5
都営大江戸線・副都心線 東新宿駅
西武新宿線 西武新宿駅
JR・京王線・小田急線 新宿駅

法善寺 ← → 太宗寺

 

 


Check this out!


 

error: Content is protected !!