神楽坂の毘沙門天 善国寺 | 新宿山ノ手七福神

お洒落な町、神楽坂にある善国寺

善国寺

オシャレな町、神楽坂にあるお寺

神楽坂を進むとちょうど中ほどに朱塗りの山門が見えてくる。善国寺の起源は、文禄4年(1595年)、日惺(にっせい)上人が家康公に天下の安泰を祈祷するよう命じられたことにより創建。

善国寺の石寅 新宿区文化財に指定
善国寺の石寅 新宿区文化財に指定

江戸時代から信仰をあつめる毘沙門天は、30cmの木像で、右手に鉾、左手に宝塔を持ち、磐座に立ったお姿で、お正月、5月、9月の初寅の日にご開帳される。また善国寺のご本堂前には、狛犬ならぬ狛寅が睨みをきかしている。こちらの石寅 いしとらは、寛永元年(1848年)に周辺の住民から奉納されたもの。右側の阿形が82cm、左の吽形が85cmで、台座を含めた高さは2mを超えるそう。毘沙門天像、石寅ともに新宿区指定の文化財。

新宿山ノ手七福神・毘沙門天

こちら善国寺の毘沙門天は、昭和9年より新宿山ノ手七福神の1つに。

新宿山ノ手七福神

善国寺 毘沙門天御朱印 - 新宿山ノ手七福神
善国寺 毘沙門天御朱印 – 新宿山ノ手七福神

善国寺 ぜんこくじ

新宿山ノ手七福神 ← → 経王寺