深大寺と合わせて訪れたい青渭神社

青渭神社

深大寺から緑豊かな木立の中を歩いて5分程に位置する青渭神社。緑に癒される、とても良い散歩コースです。

 

青渭神社は、詳しい創建年代はわからないそうですが、3000〜4000年前、先住民が水を求めてこの地に移り住んだ際、生活に欠くことのできない水を尊んで、祠を建立して水神様をお祀りしたのが始まりと伝えられているそう。

御祭神は、水波能賣大神(みずはのめのおおかみ)・青沼押比賣命(あおぬまおしひめのみこと)、また一説には社地にあった大池に棲む大蛇を祀ったとも言われています。古くからこの辺りの鎮守として崇められ、3000坪あまりの広大な社地には、湧き水を有する大池があって青波をたたえていたことから、青波天神社とも呼ばれていたそう。

 

 

神社へ到着すると、圧倒的な存在感を放つ大きなケヤキの木が目に飛び込んできます。御神木のこのケヤキは、樹齢600〜700年とも言われる老樹で、「新編武蔵風土記稿」や「江戸名所 図会」などにも記載されているそう。調布市内で現存する最古の樹木として、昭和47年に調布市天然記念物に指定されています。

 

青渭神社 御朱印
青渭神社 御朱印

青渭神社 あおいじんじゃ

主祭神:青渭大神
例大祭:10月中旬
初穂料:300円
東京都調布市深大寺元町5-17-10
京王線 調布駅北口 【バス14番乗り場】吉祥寺駅行き(吉14) もしくは 杏林大学病院行き(調35) で「青渭神社前」下車
京王線つつじヶ丘北口【バス】深大寺行き(丘21) で「深大寺小学校前」もしくは「西原」下車
JR吉祥寺駅南口【バス】調布駅北口行き(吉14)で「青渭神社前」下車

 

 


Check this out!


 

error: Content is protected !!