日野八坂神社 七夕限定御朱印をいただきに

JR日野駅から徒歩5分ほど。新撰組にゆかりのある神社として知られる八坂神社。近藤勇門下の剣士23名が奉納した額が残されているそう。そして御朱印や御朱印帳には、新撰組のだんだら模様がデザインされていて、人気を集める神社です。

 

七夕限定御朱印

7月6日から8日の3日間、七夕限定御朱印が頒布されるとのことで行ってきました。限定御朱印は見開き(書き置きのみ)で、金の文字、笹の葉にカラフルな短冊、そしてもちろん、だんだら模様も。星に願いが届きそうなとても素敵な御朱印でした。

七夕の笹と日野八坂神社の社殿

八坂神社の御由緒

創建年代は不明で、社伝によると、老翁が多摩川氾濫の後に牛頭天王(ごずてんのう)の像を見つけ、祠を建てて鎮守として祀ったのが起源とされています。当初は「牛頭天王社」でした。牛頭天王は、祇園精舎の守護神で、総本社は京都の八坂神社。全国には2500社以上の関連神社があるそうです。神道では素戔嗚尊(すさのおのみこと)に習合されたため、明治の神仏分離で「八坂神社」、御祭神は素戔嗚尊に改められました。

日野八坂神社の境内

美しい本殿を保護する覆殿

一見するとコンクリートの倉庫のような社殿(上の画像の右側)ですが、実はこちらは覆殿(おおいどの)と呼ばれ、寛政12年(1800年)に再建された本殿を保護しています。本殿は総欅造りで、柱や壁面に彫刻が施され荘厳さが感じられる建築です。

 

 

境内社の一つ、八幡社は鎌倉の鶴岡八幡宮から勧進されたもので、こちらも彫刻が見事でした。その手前には山王社の祠も。すぐ側には大きな欅の木もあって、緑が多く、広々としたお社でした。

八坂神社の境内社 八幡社

 

日野八坂神社 ひのやさかじんじゃ

御祭神:素戔嗚尊(すさのおのみこと)
例祭:9月中旬の土曜・日曜
初穂料: ¥800 (書き置き)
東京都日野市日野本町3-14-12
JR中央線 日野駅 徒歩約5分

 


Check this out!


 

 

error: Content is protected !!