ずらり並ぶ招き猫、こんなに沢山の幸せがある! 豪徳寺

豪徳寺 招き猫

招き猫発祥の地 – 豪徳寺

お尋ねしたいとずっと思っていながら、なかなか実現できていなかった豪徳寺への参詣。ようやく念願叶って2月に行ってきました。最寄駅は東急世田谷線の宮の坂駅から徒歩5分ほど。下高井戸と三軒茶屋とを結ぶ東急世田谷線に乗ってガタゴト…路面電車の面影を残すのんびりした旅もとてもお勧めですよ!


 
豪徳寺 招福殿
豪徳寺 招福殿

最近は多くの外国人旅行者も訪れる豪徳寺は、招き猫発祥の地として知られるお寺です。

彦根藩2代藩主・井伊直孝が鷹狩りの帰り、豪徳寺の白猫タマちゃんの手招きにより、雷雨を逃れたという言い伝えがあります。直孝が猫が手招きするのをみて、お寺に入ると、空が一変し雷雨になったそう。僧侶からの一服を受け「猫が招いてくれたおかげで濡れずに済んだ。縁起がいい」と喜んだという。猫が取り持った縁により、豪徳寺は井伊家の江戸の菩提寺として栄えることになり、白猫タマを招福猫児(まねぎねこ)としてお祀りするようになったのだそう。

仏殿横の招福堂には招福観音がお祀りされ、家内安全・商売繁盛・心願成就にご利益があるとのこと。お堂の周りには返納された数々の招き猫が並んでいて、こんなに沢山の幸せがあるんだぁと思うと、訪れるだけでも福を頂ける気持ちになりますね。

どのタマちゃんと帰ろうかな?
どのタマちゃんと帰ろうかな?

 

 

松並木の参道を通って

豪徳寺には見どころもいっぱいあります。まずはその参道、黒松の並木道で、まるで松のトンネルを通って行くようで、とても素晴らしい景観です。

大きな山門をくぐって境内へ入ると、これまた大きな黒い香炉が目に留まります。上部には獅子がデンと睨みを効かせていて、周りの景色とのコントラストが印象的です。

左手にある三重塔は建築としては新しいようですが、屋根下に十二支の彫刻が施され、それらに紛れて所々に猫の彫り物も!探してみると楽しいですよ。

また、境内は自然豊か!訪れた時は紅梅が咲いていて、一足早く春を感じることができました。四季折々で楽しめるお庭、季節ごとにお尋ねしても楽しいですね。

境内奥には井伊家の墓所も。豪徳寺開祖の直孝をはじめ、藩主と側室、藩に関わる人の墓が並んでいます。墓所の一番奥には、桜田門外の変で暗殺された13代・井伊直弼の墓があり、こちらは東京都の史跡に指定されています。

 


 
豪徳寺社務所 - こちらで御朱印頂きました
豪徳寺社務所 – こちらで御朱印頂きました

御朱印や招き猫は、境内にある地図で「受付」と書かれている社務所で頂けます。社務所の前にも右手をあげて招いてる猫のパネルがあるので、すぐに分かります。招き猫は「豆」から「尺」まで様々なサイズがあって、どのタマちゃんと一緒に帰ろうか迷ってしまいそう。

 

豪徳寺 御朱印
豪徳寺 御朱印

豪徳寺 ごうとくじ

宗派:曹洞宗
6:00-18:00 (受付 9:00-16:00)
朱印料:¥300
東京都世田谷区豪徳寺2-24-7
東急世田谷線 宮の坂駅 徒歩約5分
小田急線 豪徳寺駅 徒歩約15分
 

 


Check this out!


 

error: Content is protected !!