水車がまわる小川、緑豊かな景観にたたずむ古刹 | 深大寺

深大寺

武蔵野の美しい自然に囲まれた古刹

深大寺へ向かう道には、武蔵野の美しい自然を散策する楽しみがあちこちに点在しています。国分寺崖線沿いに湧きだす湧き水スポットも多く、水車がまわる小川に緑豊かな景観はまさに都会のオアシス。マイナスイオンた〜っぷり浴びてリフレッシュ!最高ですね。

 

深大寺 元三大師堂
深大寺 元三大師堂

そんな豊かな自然の中にたたずむ深大寺の起源は、奈良時代733年、水の神さまである深沙大王(じんじゃだいおう)をお祀りするお寺として開山されたのが始まり。

お寺を開いたご僧侶、満功(まんくう)上人のご両親が、こちらの神さまにご縁を取り持って頂いたことにちなみ、今も参拝者の多くが縁結びのご利益を求めて訪れているそうです。

その後、平安時代に天台宗となり、元三大師(がんざんだいし)をお祀りするように。やがて源氏からの信仰を集め、関東でも名を馳せる密教寺院となって行きました。元三大師像は江戸時代には両国まで出開帳され、お大師さまの縁日には多くの人々が参拝していたそう。厄除け元三大師信仰は当時より脈々と続いているんですね。

 

 

深大寺だるま市
深大寺だるま市

3月3日・4日は深大寺だるま市

毎年3月3日・4日に行われる厄除元三大師大祭は、深大寺の年中行事でも最も賑わいを見せるだるま市で、高崎や富士とともに日本三大だるま市の一つとされています。「東京に春を呼ぶ深大寺のだるま市」と称され、江戸時代から続く伝統あるお祭り。

境内には所狭しとだるま屋が立ち並び、二日間で10万人以上の人々が訪れるそう。また深大寺だるま市で特筆すべきは、ご僧侶がだるまの目に梵字を書き入れ、開眼して頂けること。新しいだるまの左目には、物事の始まりを表す梵字の「阿」、納めるだるまの右目には、物事の終わりを表す「吽」を筆入れしていただけるそうです。珍しいですね。

次のポストでは深大寺だるま市の記事も載せています。ぜひご覧ください。

 

深大寺 御朱印
深大寺 御朱印

深大寺の御朱印

深大寺で頂くことのできる御朱印は、無量寿、白鳳仏、元三大師、調布七福神の毘沙門天の4種。無量寿は、ご本尊の阿弥陀仏の寿命が無量であることによるもの。御朱印帳をお返し頂く際、お香の煙にくぐらせて清めてからお渡し頂けるので、御朱印帳がとても良い香りになりました。

浮岳山昌楽院 深大寺

宗派:天台宗別格本山
本尊:阿弥陀三尊 元三大師
だるま市:3月3・4日
朱印料:各300円
東京都調布市深大寺元町5-15-1
京王線 調布駅北口【バス14番乗り場】深大寺行き(調34)で約15分 もしくは 吉祥寺駅行き(吉14)で約10分 【バス13番乗り場】吉祥寺駅行き(吉06)で約10分 もしくは 三鷹駅行き(鷹56)で約10分
京王線 つつじヶ丘駅北口 深大寺行き(丘21)バスで約15分
JR吉祥寺南口【バス6番乗り場】深大寺行き(吉04)で約30分 もしくは 調布駅北口行き(吉05)で約30分 【バス4番乗り場】調布駅北口行き(吉06)で約30分
深大寺

 

 


Check this out!


 

error: Content is protected !!